プロフィール


ホメオパス


田村けい子 
            ハーネマンアカデミィ4年制過程修了
                   ポストグラディエイト2年制過程修了
                   ミーシャノーランド氏、D、マンディ氏らに師事
                   ホメオパシーを中心に、食養や東洋医学、
                   精神世界に広い知識をもち、育児や介護、
                   思春期の問題など主婦の毎日に生かせる知識を
                   お伝えできる、生活に密着したホメオパス

 兵庫県三田市在住

 小さい頃より 健康、宇宙、地球、人、平和、心に興味を持つ。

 現在、愛夫と、二児の母として、
 学者・芸者・医者・易者・役者の 五者をまとうことをモットーに、
 みんなの健康を願い、 ホメオパシー、シータヒーリング、食養生、
 手当法、アロマ、ハーブ療法、フラワーエッセンス、筋肉反射、
 おばあちゃんの知恵袋、哲学、イトオテルミーなどを伝導。

 いかに生きるかを問い続ける。
 全国からファンが集まる

 セッションはこちら


ホメオパス 


時武美和       ハーネマンアカデミィ4年制過程修了
                    ミーシャノーランド氏、D、マンディ氏らに師事
                    京都で活躍中のホメオパス
                    冷静な分析、高い洞察力に定評あり

 兵庫県三田市在住


二児の母。
海や山などの自然が大好き。

ホメオパシーの事を田村さんから聞き、一緒に勉強。
家族も自分もインフルエンザや怪我、
精神的不調等に使用し効果を実感。

そのほとんどが自然界の物質から作られているレメディの、
小さな一粒に秘められた癒しの力は計りしれません。

少しでも皆様が癒されますようお手伝いさせて頂きますので、
よろしくお願いします。

セッションはこちら


ホメオパス
 

加藤尚子   ラシカルホメオパシー京都(CHK) で3年制ホメオパシー養成コース修了

                    1年制アドバンスコース修了
CHK在学中、 国際セミナーで大きな声のする人がいるなーと
思っていたのが田村 さん。その後たむら塾セミナーにも参加さ
せて頂くようになり、 さらにさらにホメオパシーの魅力を知る
ことになる!
1日9時間の睡眠を必要としていたのが数年前。 たまにパタッと
倒れることも。 ホメオパシーを勉強していくとともに睡眠時間も
減り倒れることも なくなりました。
この奥深い魅力をたくさんの人に知ってほしい!と活動中。


島津:庶務担当

兵庫県三田市在住
長男の幼稚園がきっかけで田村さんとご縁ができました。
当初のセッションでは何もかもが面白くなくて、 朝起きるのも嫌だと話していました。
疲れやすくて、 昼寝が欠かせず、専業主婦なのに、 家事もろくにできませんでした。
講座に参加して、セッションを受け、レメディをとるうちに、
汚部屋から脱出し、仕事にも行けるようになりました。
40歳検診で見つかった、即全摘出と言われた乳癌が消えました。
ホメオパシーは他のどんな療法とも違います。 症状が消えるだけでなく、
悩みが悩みでなくなるように、 現実が変わります。
私の体験したこと、たむら塾のみなさんが体験されたことをぜひ、 みなさんにも知って、
体験していただけるようにお手伝いしていきます!



森野沙織:営業部長

神戸市在住
朝方に見た夢にお告げを受けて
導きのままに 田村さんと出会う。
ボディワ−クが 大好きで、エステティシャン 、アロマセラピストを 経て、
ホメオパシ−の扉を開く。
自身のコンプレックスである体調の不調和が、ひらりと軽くなっていく
瞬間瞬間を楽しみながら 生活しています。
石垣島の海が大好き。
自宅で、アロマキネシオロジ−を 使ったセッションをしています。
お気軽に お越し下さい。




垰下:整理整頓担当

神戸市六甲アイランド在住
良妻賢母。
田村とは18年の付き合い、一緒に食養や東洋医学、精神世界、を勉強。
日本の文化をこよなく愛し、健康の向こう側にある高邁な目標に歩んでいきます。


冨田知世:HP担当

神戸市六甲アイランド在住六甲アイランドに転居してまもなく夫の縁で田村さんに出会う。
2002年頃、田村さんに誘われ、
訳がわからないまま初めてホメオパシーに触れ、
今まで感じたことのない不思議な感覚にとらわれる。
2005年再び縁あってホメオパシーを学び始める。
田村さんの話を聞くたび、今まで常識と思っていたことが覆され目からうろこの連続。
そして、すべてが繋がっていくことに感動し、とりこになる。
歩みがゆっくりなため一番弟子ながら、まだまだ見習いの身。