おすすめ


食養   ごぼう養老煮 しいたけ湯  重ね煮

ごぼう養老煮
鍋(土鍋がおすすめ)に、昆布を入れる。
洗って、5cmほどに切ったごぼうを入れる。
ひたひたに水をいれ、梅干も入れる。
ごく弱火で煮る。途中、あくはとらない。
10数時間たったころ、急に甘くなる。

何回かに分けて煮ても大丈夫ですが、
初めの数時間は続けて煮たほうがよいようです。

分量は適当ですが、
昆布15cm角、ごぼう3〜4袋、梅干3〜4個、
といったところでしょうか。

途中水が足りなくなったら足していきます。

しいたけ湯
鍋に水、しいたけ、昆布を入れ、
弱火で30分ほど煮る。

出来上がった汁を飲む。
塩、しょうゆをたらすとおいしい。

重ね煮
<基本の重ね煮>
重ね塩
にんじん
200g
千切り
玉ねぎ
600g
回し切り
しいたけ
200g
千切り
重ね塩

         弱     火   25 〜 30分

                               土鍋がおすすめ
                               穴は箸などでふさぐ
                               途中あまりふたは開けない

重ね塩:材料の一番下と上にする。

    甘さを出すための塩。(塩味のための塩ではない)

    手のひらに塩をのせ、自分がいいと思うまで振り入れる。(わりと多め)

    各素材の間にも少し塩をする。

回し切り:玉ねぎの繊維にそって、薄いくし切りになるように。

     縦に切り、横に切ってから、玉ねぎを立てるようにして回しながら切る。

水は入れませんが、焦げそうなら少し入れてから火にかけてください。


<重ね煮の順番>
重ね塩
魚介

白身魚・えび・いか・貝類など

穀物

米・麦・あわ・ひえ・きびなど

根菜
大根・玉ねぎ・にんじん・ごぼう・れんこんなど
いも類
ジャガイモ・里芋・さつまいも・かぼちゃなど
葉菜
ブロッコリー・キャベツ・小松菜・白菜・長ネギなど
果菜
なす・トマト・きゅうり・いんげん・豆類など
きのこ・海草

しいたけ・しめじ・えのき・竹の子・わかめ・昆布・ひじきなど

重ね塩

<色々なお料理に>                   
・汁ごとお味噌汁を作れば、だしいらず
・具で春巻きを。調味料いらず
・豆腐を混ぜていり豆腐風に
                     本も出版されています。
                     「わらのごはん」「野菜たっぷり重ね煮レシピ」
                     共に、船越 康弘 船越 かおり著 地湧社など。